TOP | メガネ | コンタクト | 補聴器 | 子供メガネ | 店舗紹介 | シミズメンバーズクラブ | 会社情報
   

もったいないから、見た目がきれいだから・・・などといって、消毒やケアをしない使い捨てレンズの使用期間を、勝手に延ばしてはいけません。レンズの汚れや細菌感染から、目の障害を引き起こす危険性があります。決められた使用期間や注意事項を必ず守りましょう。

絶対にしてはいけません。家庭用洗剤を使うと、洗浄力の強い洗剤の成分がレンズにしみこんだり、目に害を与えることになります。必ず、ご使用のレンズ専用クリーナーを使ってください。
レンズはメガネ拭き、ティッシュペーパーなどで拭かないでください。見えにくくなるばかりか、レンズに傷がつき、目に傷をつける可能性があります。
ハードレンズは、50℃くらいの温度で変形するおそれがありますので、熱いお湯は使わないでください。また、冷たい水で洗うと割れやすくなるので、常温の水かぬるま湯で洗ってください。ソフトレンズは、すすぎ・保存には常温の専用保存液または生理用食塩水を使ってください。

 

 

特にハードレンズご使用の方に見かける行為です。唾液をつけての装用は、口の中の雑菌を目に入れているようなものです。レンズの装用は、決められた方法で行うようにしましょう。
連続装用可能な、酸素透過性の高いレンズであれば特に問題はありませんが、酸素透過性の低いレンズをつけたまま寝ると、酸素不足で翌朝目が充血したり、乾燥感が生じるので必ずはずしてください。
     
?
Copyright (C) 2007 Optik Shimizu, Inc. All Rights Reserved.