ヘッダー
TOP | メガネ | コンタクト | 補聴器 | 子供メガネ | 店舗紹介 | シミズメンバーズクラブ | 会社情報
 
  お父さん、お母さんへ
生まれたばかりの赤ちゃんは、目の前がぼんやり見えるだけです。いろいろなものを見て、自然の訓練をくりかえし、徐々に発達して6歳ごろまでに視力が完成されるといわれています。不完全なままにしておくと、弱視になる可能性もありますし、運動や学習をするうえで大切な思考力・推察力・創造力の発達をさまたげることにもなりかねません。
 
 
 
子供の視力は6歳ごろまでに完成されますが、その子供の目が成長する大切な時期に、視力が悪いことに気づかず適切な矯正や治療をしてあげないと、大きくなって気づいたときに治療しても、効果が現れにくい場合があります。そのため、気になる点がある場合、10歳ごろまでを限度にきちんと眼科で検査することが必要です。
また、大人と違って子供は近視か遠視かの判断がむずかしいため、眼科で点眼薬を使って視力検査をすることが、一番正確といえます。
 
 
3歳児検診は大事!
3歳児検診で行われる視力検査について、地域によって内容はさまざまですが、親としては「こんな検査、意味がないのでは?」「やらなくていいのでは?」という意見もあるようです。しかし、この時期にきちんと視力検査をすることは、子供の視力を育てていく上で、とても重要なことです。ただ、子供の視力はその日の気分によって結果が変わったりするので、きちんと眼科医に診てもらうことが必要です。
 
 
もともと漢字社会の日本では、近視になる人が多いこともあって、一般的な視力検査では、視力が悪い、すなわち「近視」として、近視を発見することに重点がおかれています。そのため、視力検査で「視力1.0や1.2」などの結果をもらっても、実際は遠視などの子供がかくれているという場合もあるのです。
何をやってもあきっぽい、長続きしない、光を異常にまぶしがる、などの症状がある子は、遠視の可能性など調べてみたほうがいいでしょう。もちろん乱視や左右の度が著しく違う不同視なども、見逃されている可能性は大いにあります。
 
Copyright (C) 2007 Optik Shimizu, Inc. All Rights Reserved.