TOP | メガネ | コンタクト | 補聴器 | 子供メガネ | 店舗紹介 | シミズメンバーズクラブ | 会社情報
 
購入のステップ
 

視力検査子供の視力は、点眼薬などを使って測定したほうが正確なため、視力検査は眼科へ行き、処方箋を出してもらいます。

フレームとレンズを選ぶお子さまの顔にぴったり合ったものをえらびます。
子供のメガネは、デザインだけでなく、機能性・安全性にも気を配ることを忘れません。

前フィッティング動きの活発な子供には、かけ心地のよさが重要です。
お子さまの顔にぴったりあったものを製作するため、実際にかけてみて、小さな違和感もないように調整します。

受け取り在庫のあるレンズは、お選びいただいたフレームに合わせてすぐ加工するので、その日のうちに受け取れる場合もありますが、レンズが特別注文になるものは、日数がかかる場合もあります。
出来上がった商品を実際にかけて、耳が痛くないか、ずり落ちたりしないかをもう一度確認します。後フィッティング 子供のメガネは、本人はもとより、周囲の大人の理解が最も大切です。「こんなに小さいうちからメガネをかけさせるのはかわいそう」などと、おじいちゃんやおばあちゃんがメガネをはずしてしまうことなどが一例としてありますが、それでは逆に子供の視力を引き出すという、子供のメガネ本来の目的からずれてしまうことになります。ご両親や先生など、身近な大人が意識して、子供にメガネをかけさせるように努めてほしいものです。
Copyright (C) 2007 Optik Shimizu, Inc. All Rights Reserved.