TOP | メガネ | コンタクト | 補聴器 | 子供メガネ | 店舗紹介 | シミズメンバーズクラブ | 会社情報
 
入社してから経験したお仕事は? 
 

「私は入社後すぐに加工部へ配属になり、フレームとレンズと向き合う2年間でした。1mmの誤差が勝負のメガネ加工はかなりシビアな仕事で、失敗しないために毎日練習の繰り返しです。その後メガネ売場へ配属になったのですが、お客様のメガネ選びのお手伝いをする際に、ファッションやデザインだけではなく、機能や利用環境なども含めたご提案ができるのも、この加工経験があったからだと思います。
 昨年は営業部のバイヤーとしての経験もしました。シミズメガネとメーカーのインターフェースとして、店頭での動向を見極め、メーカーとの交渉を行います。先輩のアドバイスにより、主観的にならないように、常に数字を分析するスキルを学びました。IT機器もここでかなり使えるようになった気がします。
現在は本店に配属になり、今度は企画などもまとめる役目も加わり、多方面から仕事を経験させていただいています。」

この仕事に必要な才能は?
  「メガネ大好き!なのは大前提(笑)ですが、必要なのは向上心と集中力でしょうか。メガネ・補聴器・コンタクトの販売は、多くの知識と技術が必要です。学校で学んでいても、最初からできることはほとんどなく失敗の連続ですが、逆に研修や練習がそのまま経験値になる職業です。ですから、お客様を満足させる事ができる優秀なスタッフは、失敗しない努力を怠らず、集中力を常に心がけている方です。不器用であっても大丈夫です。」
 
この会社を選んだ理由は?
  「接客の仕事ができたらいいな・・・と考えながら「ジョブカフェ千葉」の合同説明会に参加したところ、昨年入社したばかりのスタッフの方が、緊張しながらも一生懸命に会社の説明をされていたのが印象的でした。また、質問タイムの際に、同じ目線にたった誠意のある社長のお話を聞いていると、会社のまじめさが伝わってきて、ここに入りたいと思いました。」
入社から現在までを振り返って?
  「コンタクト店の配属からスタートし、メガネ、補聴器へと検査や販売ができるスキルを、研修と実際の経験を繰り返しながら身につけてきました。覚えることがたくさんあって今でも勉強の毎日ですが、周りのスタッフに助けていただきながら、お客様の笑顔になる瞬間を感じられることは、私のやりがいにつながっています。
 シミズメガネではペア販売と言って、スタッフが二人でお客様をサポートします。アシストは思いのほか難しく、ぎこちない動きしかできなかった私に、ある先輩から「ウザがられるくらいにアシストしてみて」と言われ、ここから吹っ切れました。アシストのスキルを磨くことで接客全体のスピードアップと充実につながった気がします。」
 
取得した資格や研修を教えて下さい。
  「シミズメガネでは、メガネから補聴器、コンタクトにかかわる研修プログラムがありますので、眼鏡学校を出ていなくてもイチから学べます。研修後は、先輩方から現場での指導を受けます。資格試験のあるものは、目標を定めた研修も行われますので、同僚とともに一緒にがんばれます。また、外部の研修では、AJOCの接遇研修やマスターコーディネイト研修などがあり、ほかの会社の方との交流もできて、とても刺激になりますね。
私は、日本オプトメトリック協会の認定オプトメトリストの資格(認定眼鏡士SSS級クラス)にチャレンジし合格することができましたが、これはあくまで資格であって、身についた実力ではありません。毎日のお客様との経験が伴ってこそ、本当のスキルになるのだと実感しています。」
入社してこれまでを振り返って。
  「最初はコンタクト店の配属から始まりました。コンタクトは、スタッフも社員も女性が多く、最初はコミュニケーションの取り方でかなり苦労したのを覚えています。けれどこの経験が切っ掛けとなって、メガネや補聴器においても、お客様とのコミュニケーションにエネルギーを注ぐようになりました。お客様の希望されるイメージや利用シーン、見え方、装用感などの情報を正確に得ることが、満足できる快適なメガネ作成につながることを入社してからこれまで学んだからです。
今後もメガネ作成はお客様との共同作業であることを踏まえ、お客様との対話を大切にしていきたいと思っています。」
 

この仕事を選んだ理由は?

  「大学時代、障害者(児)福祉を学んでいました。地域福祉の考え方として「すべての人が地域でQOLを高めながら生活をする」ことを目標としていますが、シミズメガネでは、「柏の地域で、補聴器やメガネを通してお客様のQOLを高めていく」という企業理念をもち実践していました。ここに強く惹かれこの仕事を選びました。」
2015年度アシストスタッフから選ばれる「新人賞」を受賞されましたが、日ごろから気を付けていることは?
  「とても恐縮しています・・・そうですね、心がけていることは、隙があればサポートにつくことです。先輩方の所作や言葉遣い、商品説明の方法など間近で学べとても勉強になります。いつかお客様に直接感動をお届けできるようになる日までより多くのアシストについて経験を重ねたいです。」
就職活動段階でのシミズメガネの印象は?また入社して感じることは?
  「地元に根差す、温かい会社という印象でした。1年たった今でもその印象はかわりません。入社してみて、人間関係の良さを実感しています。まじめで向上心の高い方が多く、私も成長しなければとよい刺激をもらえます。」
2017年3月現在のスタッフ状況
Copyright (C) 2007 Optik Shimizu, Inc. All Rights Reserved.