「さくら」

桜の花が咲きはじめましたね。
ことしは、大勢でお花見を楽しむのはむずかしそう。
そんな今、絵本「さくら」を紹介します。

(文:長谷川摂子 福音館書店)


さくらは、咲いているときに一番輝いています。
ひらひらと散っていく桜も、切なくて心をうたれます。
そのあとも、さくらのドラマは続きます。
みどりにしげる、夏の葉桜。
秋もふかまり、あかやきいろに色づく紅葉。
さむい冬には、ちいさな芽が、しずかに春をまっています。
そしてふたたび、みごとに花をさかせる春。

絵もとてもていねいに書かれていて、おとなの方へもおすすめしたい一冊です。
今年の桜は、お家の中で、絵本で感じてみるのはいかがでしょうか。

さて今回は、こちらのほのぼのとした動画も、ご家族でごいっしょにお楽しみく ださい。<花音> 

 

今しか見られないものを見よう めがね童話「桜のトンネル」

投稿者:シミズメガネオフィス

未分類のページへ戻る