おとなメガネ(マルチフォーカス)

おとなの目の事情

目の調節機能は年齢とともに低下していきます。
40代に入ると、とくにその傾向が明らかになり、いわゆる「老視」が始まります。
近くのものに焦点を合わせにくくなり、眼筋に負担が掛かって、目の疲れを覚えるようになります。
年齢とともに進行し、放置すると眼精疲労が蓄積し、頭痛や肩凝り、めまいなどの身体症状が表れることも。
早めの対処が肝心です。

また、おとな世代では仕事や家事、趣味など、生活のシーンもさまざま。 それらに応じたメガネが必要となります。
そんなおとなのお客様に、快適な視界をご提供するために、シミズメガネでは以下のようなサポートをご用意しています。

調節機能が十分な世代はいわゆる「遠く用」のメガネをかけていました。そして近くが見えにくくなってから使用するいわゆる老眼鏡は「近く用」のメガネと言います。
どちらのメガネ(レンズ)の焦点がひとつな点は共通しており、単焦点レンズと呼ばれています。

通常の遠く専用

  • ~30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代~

近く専用

  • 40代
  • 50代
  • 60代~

遠近両用

  • 40代
  • 50代
  • 60代~

室内用(中近両用)

  • 40代
  • 50代
  • 60代~

デスクワーク用(近々)

  • 50代
  • 60代~

とことんサポート®保証

40代以降のお客様の視力矯正には遠近両用メガネが適しています。
遠近両用メガネなら掛け替えたり持ち歩いたりする必要がなく、コストも抑えられ、若々しさを演出できるというメリットがありますが、いっぽうで、どうも使いにくい、度が強い感じがする、なかなか慣れない、などの声も聞きます。

シミズメガネでは、お客様に遠近両用メガネを快適に使っていただけるよう「ステップアップえんきん®」をご用意しました。
また、50代以降のお客様には遠く用と近く用として、マルチフォーカスを2種類お使いいただくことをおすすめしております。こちらも安心してご利用いただくために「マルチアップえん・きん」をご用意しました。
どちらもメガネ業界では画期的な保証で、シミズメガネオリジナルとなっています。

少しずつ慣れる、これなら使える
「ステップアップえんきん®

年齢やお客様の状況に合わせて、目標となる度数の遠近両用メガネまで、レンズを交換していきます。
遠近両用レンズが初めての方や再チャレンジの方にお薦めします。

レンズの購入費用は初回のみ、以降の交換は無料です。
次のレンズへのステップアップまでは交換のたびに3か月の保証期間があります。
ゆっくり慣らしていけます。

ステップごとの見え方の変化が小さいので、目や身体への負担が少なく済みます。

いつも最適なメガネでお過ごしいただくために
「マルチアップえん・きん」

高品質のメガネレンズに、お渡し日より2年間、2回までご優待価格(50%)で新しいレンズをお作りいただける保証をおつけしました。
たとえば「遠く用」「近く用」「カラーレンズ(サングラス)」という組み合わせや、「室内用」「パソコン用」「読書用」といった、目的に応じたレンズの組み合わせで保証をご利用いただけます。

見え具合の変化や、アクシデントによるキズや破損への対応として、また白内障の手術前後で度数の変化が考えられる方、スペアメガネが必要な方にもお薦めしている保証です。


メガネでお困りの方やご相談はシミズメガネにお任せください
予約フォーム