メンテナンス方法

メガネのメンテナンス方法

メガネの洗い方

からぶきをしますと、レンズに付着したゴミやホコリ等がキズの原因になります。必ず水洗いをして、ティッシュペーパーで水気をふきとり、レンズ専用メガネふきで、そっとふいてください。

メガネレンズのクリーナー

メガネレンズをティッシュやハンカチでふいていませんか。
メガネレンズの表面はとてもデリケート。
メガネのクリーニングには、専用のレンズクリーナーをお使いください。
酸性やアルカリ性の洗剤(せっけんやハンドソープなど)は使用されないようにお願いします。
どちらもレンズコーティングを劣化させる原因となります。

メガネ拭き

ふく方のレンズの外側を持って、レンズ専用メガネふきで、サンドイッチをつまむくらいの力でそっとふいてください。

ふく方と反対側のレンズを持ったり、力を入れすぎると、フレームやレンズの破損・変形の原因になります。

からぶきは避けましょう。
レンズに付着したゴミやホコリなどがキズをつける可能性があります。
必ず水洗いをして、ティッシュペーパーで水気をふきとり、レンズ専用メガネふきでそっとふいてください。


シミズメガネオリジナルメガネ拭き

メガネレンズのくもり止め

メガネを掛けたままマスクをつけると、レンズが曇ってしまうことがあります。そんなときには、レンズのくもり止めをつけておくと安心。
マスクをしても、温かい料理を食べても、くもりにくくなります。

チューブタイプのくもり止めが携帯に便利ですが、さらに手軽なくもり止めクロスもあります。
こちらはふくだけで長時間くもり止め効果が持続します。

メガネのずり下がり解消グッズ

仕事や勉強に集中しているとメガネがずり下がってくる。
上げてもまた下がってくる。
そんな不快を解消するグッズがあります。
キャップ式で鼻当てにかぶせるだけでO.K.
仕事や勉強に心置きなく集中してください。

コンタクトレンズ洗浄液

コンタクトレンズは衛生管理が大事。
ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズ、どちらも専用の洗浄液で洗いましょう。
細菌、真菌、アカントアメーバまでしっかりと消毒し、クリアな視界と目の健康を守ります。



メガネの修理やメンテナンスはシミズメガネへ
予約フォーム