「見る旅」能登の染夕日(そめゆうひ)

今年の5月26日~28日、金沢と鯖江に出張に行きました。
前から乗りたかった新幹線「かがやき」で金沢に、そこで、特急「サンダーバード」に乗り換え和倉温泉まで。

目の前には能登の海が広がり、遠くには能登島が見えます。
夕食前のひと時、雲の合間から夕日が輝いています。
最初は鮮やかなオレンジ色でしたが、やがて雲と海が相まっていくつもの色に輝き始めました。
思わず「染夕日(そめゆうひ)」という言葉が出ました。

遠くの半島、更に黒い島影、牡蠣の養殖筏、空と海の間で微妙な陰影を照らし出していました・・・。

実は、この話には後日談があります。
26日当日、当社とご縁のある取引先のデザイナーの方が手前の能登島で和倉温泉に向かって釣りをしていたそうです。
私の画像をお送りしたら、逆の能登島からの画像をいただきました。
ほぼ同時刻、同じ夕日を、柏市民が見ていたんですね(笑)<ケン太>

投稿者:シミズメガネオフィス

未分類のページへ戻る