『かみさまのめがね』

10月。日本の古い言葉で神無月。でも出雲の国だけ神在月。日本中のかみさまたちが集まって、、、。
その出雲を舞台にした、こちらの絵本をご紹介します。
『かみさまのめがね』(文)市川真由美・(絵)つちだのぶこ・ブロンズ新社

人間たちやかみさまたちで大にぎわいの出雲大社には、たくさんの屋台が店びらき。
そこへ、トランクを下げてやってきためがね屋さん。
さて、かみさまたちは、どんなめがねをかけるのでしょうか?

虫のかみさま、風のかみさま、においのかみさま、ハートのかみさま、、、
それぞれのかみさまが、ユニークなめがねを次々にお買い上げ。
「そんなものまで見えるの?」
「なるほど!」
「それ、わたしもかけてみたい!」
にぎやかなお祭りの様子と、おちゃめでうれしそうなかみさまたちの表情が、ゆかいで楽しい1冊です。

さて今日はこちらのメガネもご覧ください。
丸みのあるシェイプでこっくりとしたカラーのフレームです。<花音>

【掛けやすさとトレンド感をあわせ持つサングラス フォーナインズ F-11】

 

投稿者:シミズメガネオフィス

未分類のページへ戻る