『旅する練習』

今回は『旅する練習』(乗代雄介著・講談社刊)という小説をご紹介します。
新型コロナが拡大していた昨年3月という設定。入学目前の中学も休校となったサッカー少女が、叔父と二人で、我孫子から鹿島アントラーズの本拠地まで、徒歩で行くロード・ノベルです。
短い旅ですが、大切なものを得る旅です。手賀沼周辺も鮮やかに活写されていて、私などは文章に触発され、出かけてみたくなりました。
 
さて手賀沼ウォッチングには、調光レンズや偏光レンズがあると便利です。くわしくはこちらの動画をご覧ください。〈手賀ノ介〉
 

「手賀沼ウオッチング 嘉納治五郎別荘跡」

「手賀沼ウオッチング 志賀直哉邸跡」

「手賀沼ウオッチング 道の駅しょうなん」

 

投稿者:シミズメガネオフィス

未分類のページへ戻る