春の訪れを告げる梅

今年の冬はいつも以上に寒く感じましたが、ようやく、ここ数日、和らいできましたね。

近所の公園では、梅が咲きはじめました! いち早く咲いて春を知らせてくれる梅。華やかというよりは、小さくて可憐な花です。

厳しい寒さの中で、少しずつ蕾をふくらませてきたことを思うと、その花姿に凛とした力強さも感じます。

古くから日本人に愛された梅。奈良時代には、お花見と言えば桜ではなく梅の花を愛でることだったそうです。日本人らしい美意識ですよね。

澄んだ青空を背景に、紅や白の花が一輪、また一輪と咲くのを見ていると、「もうすぐ春だなぁ」とうれしくなります。

そして、春を告げる鳥といえば・・・「うぐいす」ですね。
こちらの動画もご覧ください。幸せ多き春が、皆さまに訪れますように! <花音>

【うぐいすの声をきくと・・・「うぐいす鳴いた」】

投稿者:シミズメガネオフィス

未分類のページへ戻る