紫外線対策〜紫外線と目〜

4月になると気になるのは紫外線。
え!?まだ4月だよ、紫外線が強いのって夏じゃないの?と思う方もいるかと思いますが、実は気温の上昇と共に紫外線量も3月と比べて一気に増え、ピークの夏に匹敵するレベルなんです!

なので、4月から紫外線対策を始めるのがオススメ♪
お肌や髪だけでなく、もちろん大切な目も★

そこで今回から三回にわたって、紫外線対策についてお届けします。
初回のテーマは【紫外線と目】

紫外線が肌に与える影響は、日焼け・シミなどすぐに思いつきますが、目にはどんな影響があるのでしょうか?

★肌の日焼けにつながる
皮膚に紫外線があたらないように、日焼け止めを塗ったり、UVカットの服を着ていても、目から紫外線が入っています。そうすると、脳が紫外線を浴びていると 勘違いを起こし、防御反応で体内にメラニン色素を作るように命令を出すそうです。
そのため、目に紫外線を浴びただけで、肌に直接紫外線を浴びたのと同じように日焼けして肌が黒くなったり、シミができたりするのです。

★目のトラブルの原因に
目が紫外線をあびて角膜のダメージにつながると、痛みや充血などの症状が出る場合があります。ほかにも目がしょぼしょぼして見えづらい、目が痛い、涙が止まらない、かゆいなどの症状があります。そして、目の日焼けによって引き起こ されやすい病気が結膜炎です。
さらに目の日焼けのダメージが繰り返されると、目の水晶体が白く濁る「白内障」や、視野が歪む、中心が暗くなる、欠ける、視力が低下する「黄斑変性症」 などの病気を引き起こす可能性があります。<草莓>

投稿者:シミズメガネオフィス

未分類のページへ戻る